ジュエルライブ

ジュエルライブの特徴

可愛い・美人・ギャルと様々なタイプの女の子と2人っきりで話せちゃうライブチャットです。タイプの女の子とエッチな事を楽しみたいならこちらがオススメ!

口コミ紹介

  • ライブチャットを初めて利用したのですが想像以上に可愛い子がいてビックリしました。週末に自分へのご褒美として女の子とエッチなお喋りを楽しんでます。
  • かなりエロい女性がたくさんいてかなり満足できました。女の子たちもノリノリで一緒に色々楽しんでくれるのでこのままハマっちゃいそうです。
  • 純粋そうな女の子と二人っきりで話せました。素人っぽさのおかげでかなり興奮して楽しめたのでまた利用したいと思います。

1919チャット

1919チャットの特徴

いつでもエッチな女の子と繋がれる!素人女の子と思う存分エロトークを楽しみたい方のオススメのライブチャットです。

口コミ紹介

  • 自分好みの女性と話せました。とっても素直な女の子で指示した事に全部応えてくれたので堪らなくエロかったです。次もすごく楽しみにしています。
  • 最初恥ずかしそうにしていた女の子が最後にはかなり大胆な事までしてくれたのでもうやめられなくなっちゃいそうです。
  • 素人という事だけでもかなり興奮するのですが外見がかなり良い女の子がいっぱいでさらに興奮しました。外見重視で選ぶならこちらはおすすめです。

6969チャット

6969チャットの特徴

エロい乱れた女性とお喋りを楽しみたいならこのサイト。とびっきり綺麗な女性がいろんな表情を見せてくれるので楽しめる事間違いなしです!

口コミ紹介

  • ホントに美人な女性と繋がれて楽しかったです。エロ度もかなり大満足なライブチャットができました
  • 女の子のあまりの可愛さにずっとドキドキしてました。エロい事もどんどんしてくれたので今ではもうメロメロです。またこちらに楽しみに来ます。
  • 緊張した様子の女の子を言葉攻めして楽しんでいます。この素人感が楽しめるのはかなりレアなのでまたコチラで遊びたいと思います。

つばさ 電話相手

D(ナイトワーカー)「ブランドのカバンとかねだればよくないですか?わたしだって、複数まとめて同じプレゼントを頼んで1個だけ取っておいてあとは質屋に流す」
筆者「マジですか?プレゼントなのに現金に換えるんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「けど、大事にもらっとくワケないです。ワードローブに並べたってそんなにいらないし、流行が廃れないうちにバンバン使われたほうがバッグの意味ないし」

つばさ 電話相手を集めてはやし最上川

E(十代、国立大在籍)言いにくいんですが、電話相手Dさん同様、私もプレゼントをお金に換える派です」
C(銀座のサロンで受付担当)ネットの出会いで何万円もことが起きていたんですね…私は一度もブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんに聞きたいんですが、つばさつばさ 電話相手を使ってどんな目的の男性を絡んできたんですか?」

イーモバイルでどこでもつばさ 電話相手

C「高級レストランすらことすらないです。どの相手も普段女の人と関わってなさそうで、体目的でした。わたしにとって、つばさつばさ 電話相手とはいえ、この人はどうかなってメッセージ送ったりしてたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「つばさ 電話相手ではどんな出会いを出会いたいんですか?
C「分不相応をしれないですけどつばさ、医療関係者とか法律関係の方とか国立大学にいるようなエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立に籍を置く)わたしも、国立大に在籍中ですが、つばさ 電話相手回ってても、同じレベルの人間はそれなりにいます。ただ、つばさ得意分野以外には疎い。」
取材から分かったのはつばさ、オタクを遠ざける女性はどことなく多数いるということです。
アニメやマンガが慣れてきたようにかに思われがちな日本でもまだオタクを恋愛対象として受入れがたい言えるでしょう。
筆者「もしかするとつばさ、芸能界を目指すにあたって修業をしている人ってサクラでお金を作っている人が多いのですか?」
E(某有名人)「そうじゃないでしょうか。サクラの仕事って、シフト比較的融通が利くし、つばさ僕たちみたいな、急に必要とされるような生活の人種には求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるしなかなかできない経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「経験になるよね、つばさ女性として接するのは骨が折れるけど自分たちは男性だから、自分の立場から言ってほしいことを伝えてあげれば言い訳だし、男心はお見通しだから男も簡単にだまされますよね」
A(メンキャバ勤めの男)「本当は、女でサクラをやっていても男性客の心理がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
著者「女のサクラより、男のサクラが成績が上なのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「まぁ、そうです。成績が上なのは大体男性です。しかしながら、電話相手僕なんかは女のキャラクターを演じるのが苦手なんでつばさ、いっつも激怒されてます…」
E(芸人の一人)「言わずとしれて、正直者がバカをみるのがこの世界ですからね…。女性になりきるのが思ったより大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の人格を演じるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女性キャラクターである人のどのようにして演じ切るかのトークで盛り上がる彼女ら。
そんな中で電話相手、ある一言につられて、自称アーティストのCさんに向けて関心が集まりました。
この前の記事の中では、「つばさ 電話相手で結構盛り上がったので、電話相手直接会うことにしたら犯罪者だった」という状況になる女性の話をしましたが、その後この女性はなんと、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。
どうしてかと言うと、「普通の男性とは違って、断る事が怖くなって恐る恐るついていくことにした」ということですが、話を聞き進んでいくと、つばさ彼女のタイプと近いこともあり一緒に行ってみようと考えたようでした。
前科にも色々なものがありますが、三十センチほどの長さの刃物で他でもない親を刺してしまったというものだったので、単なる事故などとは違うと思っても仕方が無いでしょうが、話した感じではそういった部分がなく電話相手、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので電話相手、気を許せる相手だと思って、交際しても良いだろうと思ったようです。
そのまま上手く関係が続いたかというとつばさ、その相手が信用しづらい変な行動をするので、別れる素振りなど見せないまま家を出て電話相手、結局は別れることにしたとその女性は語ってました。
同じ部屋で過ごすということが既に怖くなるようになって、二人で一緒に暮らしていた場所から、気付かれる前に遠くに行こうと出てきたという話をしていましたが、どうも何も無いがただ怖かったという部分も確かにあったようですが、口げんかだったはずなのに、力の違いを利用するようになり、暴力でどうにかしようという仕草をしてくるために、要求されればお金もだすようになり電話相手、要求されれば他の事もして、その男性との生活は続いていたのです。
お昼に聞き取りしたのは、まさに、電話相手以前よりサクラの派遣社員をしている五人のおじさん!
出席できたのは、メンキャバを辞めたAさん、現役大学生のBさん、自称芸術家のCさん、某音楽プロダクションに所属していたというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「始めに、辞めたキッカケから質問していきます。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンズクラブ勤務)「わしは、つばさ女心が知りたくて開始しました」
B(元大学生)「小生は、つばさ稼げなくてもいいと思ってスタートしましたね」
C(シンガー)「私は電話相手、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ未熟者なんで丸っきり稼げないんですよ。一流になる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのは不本意ですが電話相手、こういう経験をして、とりあえずアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「俺様は、○○って芸能プロダクションでクリエーターを目指してがんばってるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやっていたんです」
E(若手ピン芸人)「本当のところ電話相手、わしもDさんと相似しているんですが、つばさコントやって一回僅か数百円の倹しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、つばさゲリラマーケティングの仕事を始めました」
大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーが芸能事務所に未所属という素敵なメンバーでした…、それなのに話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはサクラによくあるおもしろエピソードは無さそうでした…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする